FC2ブログ
桧家住宅との建築記録。居住後の様子などを紹介します。

taka

Author:taka
2012年から足かけ2年以上の家づくりについての記録を綴っています。
現在は居住後の感想や電気料金の記録などを紹介しています。桧家住宅を検討している方や吹きつけによる断熱材の断熱性、太陽光発電に興味のある方は是非お立ち寄りください。

カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新トラックバック
検索キー

外構 カーテン  小屋裏 外壁  ドア コンセント スイッチ 耐力面材 横浜銀行 太陽光パネル オプション 駐車場 太陽光 サンルーム みずほ銀行 パントリー 押し入れ サッシ タイル 金銭消費契約 太陽光発電 断熱サッシ 比較 アクセント 5寸 屋根 イオン銀行 構造 金消契約 立ち上がり 深基礎 収納 擁壁 御祝儀 上棟式 補修 玄関 建築確認 融資 犬走り メンテナンス コロニアル 6寸 アスカ リビング クリンレディ 照明プラン キッチン チェスト 基礎 トイレ 和室 建具 防草 エアコン シャワーユニット 三菱東京UFJ銀行 サイディング りそな銀行 担保 蓄熱暖房機 仮換地 奥様スペース 保証料 下水 事務手数料 水道 パジャマ 三枚引き戸 脱衣カゴ 二枚引き戸 標準設備 引き込み パイプスペース 司法書士 印紙税 固定金利手数料 上下水道 印鑑証明 接道 換地 浴室乾燥暖房 メタル調水栓 お風呂 握りバー ケイヨーD2 ゴミ箱 シーリングファンライト 空調 フィルター 第三種換気システム ペール 第一種換気システム 間取り 屋根裏 必要書類 正式契約 固定金利 最大優遇金利 グレードアップ 風通し 市役所 区役所 源泉徴収票 砂利 実印 健康保険証 法務局 運転免許証 図面 労金 配置 開き戸 引き戸 LED コーナー家具 腰窓 掃き出し窓 家電 売電 LAN CD管 クロゼット 土間収納 キッチンボード ゴミ置き場 テレビ台 10帖 床材 建材 シーリングファン 失敗 PCデスク PCコーナー ダイニング シーリングライト 壁紙 6帖 8帖 外観 有効面積  テレビ 配線図 1/100図面 ダクト 新生銀行 仮換地証明書 ベランダ 2階 住宅ローン 相談会 担保物件 つなぎ融資 JA ろうきん 桧家住宅 事前審査 利息 保証料ゼロ 活用 収納台車 断熱 FIX 縦滑り スレート Low-e 打ち合わせ 地震 明るい タンスクロゼット ホール 有効利用 LOW-E デザインサッシ タンス 婚礼ダンス 10年固定金利 エクステリア 定点撮影 パラパラ 写真 アクエアシルバー 通気工法 ノダ セコム保険 アクアフォーム 記念 ステンカラー 提案 見積もり ニトリ Low-e ペアガラス 業者 樹脂 朝日火災 富士火災 インターホン 上棟 資材 島忠ホームズ シマホ 大引き 土台 間柱 通し柱 アスファルトルーフィング AIU 日本興亜 日新火災 住自在 剛床工法 手土産 コーナン ケーヨーD2 防草シート AEG 大雪 砂利敷き ポーチ ピクチャーレール 引き渡し 人工芝 電気料金 780  割れ ルンバ 家づくり 採光 通風 下地 足場 泡断熱 立水栓 外水栓 構造見学会 AT-WALL  メイプル スイッチプラン センサースイッチ 太陽光発電パネル 内覧会 富士山 ラフィーナ 永大 勝手にスイッチ EIDAI 土台引き  ベースカラー 土間 床の間 アクセントカラー サンプル クワッド 太陽 減築 LAN 手摺 転圧 土留め バルコニー 配置図 76条申請 建築確認申請 平瓦 コーキング 洗濯機置き台 購入品 洗濯機台 収納棚 打ち合わせ記録 障子 プリーツカーテン 内外装 TOTO インテリア 発電 シーリング 未施工 コーディネート タカラ LIXIL 地鎮祭 鍬入れ 断熱材 木造軸組 2×4 メガマックス 厚木 型枠 MEGAMAX 名称 2×6 1.5倍ヒダ 上下水 排水 2倍ヒダ ロールスクリーン 隠蔽配管 シェード 補助金 太陽光発電システム 確認済証 緑化計画書 緑化基準 確認済み証 スロープ 挨拶 飾り 土地権利証 電気図面 基礎配筋 ローン実行 配筋 根切り 遣り方 従前地分筆 着工 空調効率 

LAN配線の考え方

家の間取りの再考については、仕方無いと納得しつつ進めているところです。

そうは言っても現実的に決めなければならないことは多く、コンセント、照明、照明スイッチ、そしてLAN配線・・・・無理矢理繋げました(^_^;

 

ちょっと古く(?)なりますが、4月18日の記事でLAN配線のイメージ図は掲載していました。

今回、再び取り上げてみたいと思います。

 

 

そもそも、営業Oさん曰く

「え~?、そんなにCD管配管するんですか??無線で良いじゃないですか?」

 

確かに、考えてみれば、無線でも構わないんですが、古いタイプの人間なのでどうにも見えないと何とも・・・

ってことじゃなくて、無線だと速度の限界が低いので、例えばオンデマンドにしても有線の方がストレスが無いんじゃないかと・・

あと、建築時に配管しておかないと、後からでは出来ないかなぁと・・

 

決して安くは無いんですけどね。

 

まず、引き込み口から、どの部屋に持って行くかを書いた絵です。

LAN01

 

で、実際にどこから引き込もうかを考えた結果、キッチンのパントリー付近が最適かなぁと思うようになりました。

 

LAN配線の考え方

 

引き込み口から、各部屋のどのあたりに引き回すかの図をご覧の通り、現時点で8箇所へ配管予定です。

LANケーブルそのものの配線は自分でやる予定・・・・です。

 

どうでしょう?

やっぱり多いかな(^_^;

 

 


ご覧いただきましてありがとうございます。

ブログの更新が不定期ですが、ご覧いただけると嬉しいです。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ←応援をお願いします。

にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログへ

にほんブログ村

スポンサーサイト